ロデムスタイル~気になるTV番組を紹介~

私、ロデムがちょっと気になるテレビ番組を紹介しているサイトです。超主観的でごめんなさい!

落水洋介の大学やブログに関する情報。インスタや経歴なんかも紹介しちゃいます

どうもロデムです。
いつも大変お世話になっております。

さて、朝起きてみたら身体が動かない・・・
まるで金縛りにあったかのように。

急いで救急車を呼んでもらって診察してみたら
100万人に1人の難病だった・・・

もしあなたが当事者だったらどうしますか?
アラフォーおやじなら気が動転してしまい、

今までの人生がグルグルと走馬灯のように
頭の中をよぎるのではないかと思うしだいです。

無駄話はこのくらいにして、本題に入りますが、
このページでは、11月24日(土)8時54分から

テレビ東京にて放送される「生きるを伝える」
という番組があるのですが、

そこで紹介される「落水洋介」さんについて
情報提供させて頂きます。

 落水洋介さんが発症したPLSとは?

落水洋介さんはPLSという100万人に1人がかかる
難病をかかえ現在も必死に病気と向き合ってます。

ところでPLSという病気をご存知な方もいらっしゃる
と思われますので軽く調べた情報を展開します。

PLSとは原発性側索硬化(Primary Lateral Sclerosis)
といい、およそ100万人に1人が発症する病気です。

特徴としては、大脳から脊髄まで伸びている
運動神経に障害が出て、下肢が突っ張ったような
感じと歩くことに障害が出ます。

この病気を発症するのは通常であれば45歳を過ぎ。
上肢の障害やしゃべりにくく飲み込みづらいという
症状が加わっていきます。

筋萎縮性側索硬化症のよりは筋肉の萎縮は
ゆっくりですが、同じ様な経過を辿るようです。

落水洋介さんはこの病気を30歳の時発症したので、
一般的な症例と比べてみると10歳早いわけです。

 

落水洋介の大学に関する情報

PLSという100万人に1人が発症する難病を通常なら
40歳過ぎに発症するのが落水洋介さんの場合は、
30歳に発症したわけですが、

普通ならふさぎ込み、気力がわかないはずですが、
病気に負けじと現在もアクティブに活動されています。

その一つが、「福岡テンジン大学」という
学校教育法で定められた正規の大学ではなく、
NPO法人であり、障害学習を推進する団体で
先生として頑張っておられます。

この福岡テンジン大学というのちょっと変わっていて、
福岡に暮らす人や働く人、また、福岡に関係がある人を
先生として招いて授業を行うのが特徴。

福岡テンジン大学の詳しい内容が知りたい方は
下記URLをクリックしてご確認頂けると幸いです。

https://tenjin-univ.net/


落水洋介のブログ情報

続きましてh、落水洋介さんのブログ情報です。

落水洋介さんはアメブロにて情報発信されています。

落水洋介さんのブログアドレス

https://ameblo.jp/1982100719821007/

ブログをご確認頂けるとご理解頂けると思いますが、
とにかくアクティブに日々過ごされています。

そのバイタリティといったら私も見習わないと
いけないかと思う次第です。

だって、私達は、いろいろと不満はあるでしょうけど、
身体に障害があるわけではありません。

自由に飛んだり跳ねたり出来るわけです。

落水洋介さんと比べたら圧倒的に楽な生活を送ってます。
身体が自由に動くことは当たり前だと思っていたけど、
いつ何時身体が不自由になるか分かりません。

どちらかといえばなんでも先延ばしにしてきたことを
「明日やろうはバカ野郎」ではないですが、
一日を全力で生きなければと思った次第です。

我々アラフォーすぎた辺りからPLSは発症するという
のが通例ですからね・・明日は我が身です。


落水洋介のインスタに関する情報

続きまして落水洋介さんのインスタ情報についてです。
落水洋介さんは、自身のことをブログだけでなく、
インスタやツイッターを使って情報発信しています。

インスタグラム:

https://www.instagram.com/p/8u1lTetxBX/


ツイッター

https://twitter.com/9WjYv6qE58Tv2ob?lang=ja


しかし、病気って怖いですよね・・

落水洋介さんも「なんで俺がこんな目に??」って
絶対に思ったはずです。

自分も、いつ何時、どうなるか予想もつかないので
1日1日を大切に精一杯生きる所存です。

 

落水洋介の経歴のご紹介

続いて、落水洋介さんの経歴をご紹介します

名前:落水洋介

生誕:1982年

出身地:福岡県北九州市

学歴:福岡県立北筑高校
   
   九州産業大学

   福岡テンジン大学在職中

実はですね・・

落水洋介さんって、サッカー少年だったんです。

小学校1年生からサッカーを初めて、元日本代表の
大久保嘉人選手(FC東京)と一緒にボールを
追いかけていた次期がありました。

小学生の時でしたが、日本代表にも選出された
有望株だったとのことです。

なお、大久保選手との交流は現在も続いていて、
大久保選手が川崎フロンターレに所属していた

2016年4月10日に行われた鳥栖戦において、
大久保選手が得点を決めた直後にTシャツを
掲げました。

そこには、「落水洋介 負けるな」と・・・

落水洋介さんの闘病生活を知った大久保選手が
「得点したらメッセージを送る」と落水洋介さんに
約束していたのでそのようになったそうです。

いつでも熱いプレーをする大久保選手ですが、
情に熱い、いい人ですよね!思わず涙が・・

なお、落水洋介さんは電子書籍も出版してるので
ご興味があればご購入してみてはどうでしょうか?

もちろん私も購入し、拝読しました・・

価格も安いし、売上の一部が熊本震災復興支援の
寄付金に当てられるということだったので!

内容的には読んでからのお楽しみですが、
期待は裏切らないと思いますよ!


まとめ

PLSという難病をかかえ現在も一生懸命、愚直に
頑張っている「落水洋介さん」

その苦労については書籍からも読み取れますが、
私達の想像を絶する中で生きられているのでは
ないかなぁ~なんて思うしだいです。

情報発信していると誹謗中傷なんかも
あると思うんです。

穿った見方をする人が世の中には沢山いますから。

けど、落水洋介さんは一生懸命に今を愚直に
生きているわけです。

なんだか流れがよくわかりませんが、
とにかく、1日1日を一生懸命生きようと・・
頑張ろうと、明日はどうなるか分からない。

今日を一生懸命生きることが明日につながる。

落水洋介さん、感動をありがとうございました。
出来る範囲になりますが、応援しています!