ロデムスタイル~気になるTV番組を紹介~

私、ロデムがちょっと気になるテレビ番組を紹介しているサイトです。超主観的でごめんなさい!

齋藤瑠璃子のwiki経歴、出身高校や通販情報、セブンルールのご紹介

栗農家だけど芸術家という女性がいるのですが、
ご存知でしょうか?

何が何だか分かりませんが、その女性の名前は
「齋藤瑠璃子」さんです。

毎週火曜日の夜11時から絶賛放送中の
「セブンルール」という番組がありますが、

2018年11月27日(火)の放送回に出演する
人物でございます。

栗農家でありながら芸術家というのは
どういうことなんでしょうか?

まずはwiki経歴から調べてみました。

 

齋藤瑠璃子wiki経歴とは?

名前:齋藤瑠璃子(さいとうるりこ)

生誕:1984年10月31日

出身:秋田県仙北市


東北の秋田、仙北市ですから秋田の内陸の
ご出身だそうです。

この齋藤瑠璃子さん。大学は美術の名門、
多摩美術大学に通われていたそうです。

多摩美に在学中、軽い気持ちで実家から
取り寄せた野菜類等を販売したら
これがとにかく大好評ということで、

自分の実家で作っている農作物が
素晴らしいことを気付かされたそうです。

その後、大学を卒業してからは、
秋田県出身の若者が東京で立ち上げた

「WE LOVE AKITA」

とうコミュニティで活動されていました。

このWE LOVE AKITAというコミュニティは、

「秋田のことを思っている人を繋げる活動」

「秋田のファンを少しずつ増やす活動」

この2つの活動を柱に運営されています。

齋藤瑠璃子さんは、大学に進学するために
東京に出てきましたが、基本地元好き。

いずれは故郷に錦を飾るではありませんが、
帰郷を考えていたのでこういった

コミュニティでの活度は願ったり叶ったり
だったのでしょう。


齋藤瑠璃子の出身高校はどこ?

齋藤瑠璃子さんが多摩美術大学を卒業されたと
前述しましたが、出身高校について
ご紹介いたします。

齋藤瑠璃子さんは「秋田県立角館高等学校」で
学ばれ、その後多摩美術大学へ進学されました。

この角館高校は、「柳葉敏郎」さんの
出身校でもあります。

齋藤瑠璃子さんは柳葉さんの後輩になります。

そしてこの角館高校は、進学校でありますが、
あるスポーツがとっても盛んです。

そのスポーツとは女子バレボール・・・

全国高等学校バレボール選抜大会、通称
春高バレーに計8回出場している

秋田でバレーボールといえば角館高校
言われるくらいの強豪校でございます。


齋藤瑠璃子はなぜ栗農家をついだのか?

齋藤瑠璃子さんは多摩美術大学を卒業後
東京で就職されました。

なぜ栗農家を継ぐことにことになったのでしょうか?

そのキッカケは2011年の3月11日に起きた
東日本大震災を経験したからです。

東日本大震災が起こり、東京は直接的な被害は
ありませんでしたが、ライフラインは停止。

都心部から自宅まで歩いて帰る人を目の当たりにし、
東京にも直下型地震が来るというのを思い出し、

何かあった時に身寄りがいない東京よりは、
秋田にいたほうがいいかなと思ったそうです。

実は、この地震以外でも実家ではいろいろ
問題が発生していて、

おばあちゃんの介護問題、父親の体調不良の
ダブルパンチにより母親まで体調を崩した。

このようなことが重なったので秋田に帰る
ことにしたそうです。

男の子がいなかった実家では、跡継ぎ問題に
頭を抱えていました。

齋藤瑠璃子さんにはお姉さんがいらっしゃいますが、
すでに嫁いでいたため、瑠璃子さんが一念発起して
齋藤農園を27歳のときに継ぐことになりました。

その後、体調を崩して静養中だった父親の譲さんが
雪崩事故に巻き込まれ帰らぬ人になってしました。

右も左も分からない。農園で何を作っているのか
くらいは知っていたけど、先導役である父親を
無くしたショックは計り知れなかったでしょう。

しかし、さすがは秋田とでもいいましょうか。
ご近所のお年寄りの方たちが手取り足取り、
教えてくれたおかげで現在に至っております。


齋藤瑠璃子の通販情報。齋藤農園の「西明寺栗」

齋藤瑠璃子さんの齋藤農園で作られている
目玉商品は「西明寺栗」という大粒の栗です。

この栗は、かれこれ300年以上も前に
京都の丹羽地方や岐阜の養老地方から栗の種を
取り寄せて栽培を始めたのがルーツです。

西明寺栗は大きいもので60~70gにも育ち、
実がふっくらして、蒸してそのまま食べるも良し、

渋皮煮や和菓子、栗焼酎などでも利用されています。

西明寺栗は日本一の大きさと味を兼ね備えた
栗なんです。

取れ高としては豊作のときは30t、不作の時は
10t程度しか取れません。

よって、西明寺栗は「幻の栗」と呼ばれるほど、
希少性がある栗なのです。

ちなみに、齋藤瑠璃子さんが経営している
齋藤農園で作った「西明寺栗」は

厳選食品「安心堂」とうサイトで販売して
ますので良かったら覗いてみて下さい。

厳選食品「安心堂」齋藤農園(西明寺栗)

https://anshindo-d.com/fs/anshindo/c/596


ただし、西明寺栗が取れるのは9月~10月に
かけてですので、その点はご了承下さい。


齋藤瑠璃子のセブンルールとは?

さて、ここでは栗農家・齋藤瑠璃子さんの
セブンルールをご紹介します。

齋藤瑠璃子さんをテレビで拝見した
感想としてはとにかく明るい人だなぁ~

いつもニコニコ、農業はじめて7年だそうですが、
ようやく脂が乗ってきたというのでしょうか、

テレビではお年寄りのアイドルなんていう
キャッチフレーズがついてましたが、

ご近所のおじいさんやおばあさんから
可愛がられてるのも納得でした。

それでは、齋藤瑠璃子さんのセブンルールを
ご紹介致します。

◆ルール1 栗拾いは振り向かない

収穫時期になると栗が自然に落ちて
それを手積みするわけです。

人間が拾うのを見計らって都合よく
栗が落ちるわけではないので、
それらを気にしていたら捗らないのです。

そのため、収穫のため一度決めたルートは
絶対に守り、例え後ろで栗が落ちたのが
分かっても振り向かい

これこそが収穫を効率よく進めるコツ
だそうです。

ちなみに、西明寺栗は一般的な栗の
3倍の大きさがあり1個250円(時価)が
その時の相場でした。

◆ルール2 午前10時と午後3時はおやつタイム

一緒に働いてくれる人達と仲良くなれば
いろいろなことが見えてくるため。

仕事を円滑にすすめていく上でおやつタイムは
一役買ってくれているそうです。

ちなみに、柿の渋を抜くには味噌漬け
すると簡単に抜けるそうです。
おばあちゃんの知恵といったところです。

◆ルール3 仕事中は母と離れる

農作業を進めていく上で、母親と意見の
食い違いが頻繁に起こったそうです。

そのため、作業を分担し、仕事中は
母と離れることでスムーズに仕事が
捗るようになったとのことでした。

分担例:

璃子さん 栗・ネギ・米

お母さん  椎茸・ナス・出荷作業

お互いがストレスを抱えずに済むのが
メリットです。

◆ルール4 料理は余計なことをしない

夕食作りは瑠璃子さんとお母さんの
忙しくないほうが担当。

メニューは農園でとれた売り物に
ならない野菜が中心。

蒸したり、茹でたり、素揚げしたり、
なるべくシンプルに手をかけず、
素材の味を引き出しいるとのことです。

齋藤瑠璃子さんは素材の味を
大切にするのが心情。

それは西明寺栗で作る栗ご飯にも
現れています。

普通の栗ご飯は、栗とご飯を一緒に
炊き込むわけですが、

齋藤瑠璃子さんの栗ご飯の作り方は
栗は別茹でして後でご飯に混ぜる。
そのほうが栗の香りが引き立つそうです。

ぜひお試しあれ・・美味しそうだったなぁ~

◆ルール5 お客さんに直接会いに行く

毎月必ず地元のショップや飲食店が参加する
イベントに必ず出店すること。

ネギつかみ取り100円とか薄利多売なので
東京に通販で出荷するほうが儲かるが、

出店することでお客さんの反応とか
どういうお客さんが興味を持ってくれるのか
理解することが励みになるようです。

東京の販売店にも年に1度は必ず訪問し
販売を手伝い、お客さんと話すことで
活力を得ることができるそうです。

「あの人が喜んでくれたから、
 今年も植えよう」

という活力を得るために積極的に
お客さんに接しています。

◆ルール6 月1回千恵子姉ちゃんと深夜まで飲む

近所で惣菜店を営む千恵子さんや結さん達と
月1回、深夜まで飲むことでストレスを発散。

皆さん、独身だそうです。もったいない。

◆ルール7 おしいさん、おばあさんに恩を返す

右も左も分からない時に助けてくれた
おじいちゃんおばあちゃんへの恩返し。

今の自分があるのは周りのみんなが
助けてくれたから。

今度はみんなを助けるのは自分の番。

高齢化が進むこの町で誰もが元気で笑顔で
いられるように、

明るい未来を目指して前を向く。
後ろを振り返らない栗拾いのように!

セブンルール、いい番組ですね・・
今度、通販で齋藤瑠璃子さんが
精魂込めて育てた西明寺栗を購入したいと
思いました。

下記サイトで購入できるので、
よろしくお願い致します。

厳選食品「安心堂」齋藤農園(西明寺栗)

https://anshindo-d.com/fs/anshindo/c/596